スマートITマガジン
2017年09月21日(木)
 スマートITマガジン

2016年12月15日いよいよ配信! スーパーマリオランの期待値は?

タブレット/スマホ
アプリ
特集/コラム
活用事例
スマートIT新着30件






























2016年12月15日いよいよ配信! スーパーマリオランの期待値は?

このエントリーをはてなブックマークに追加




ファミ通が「スーパーマリオ ラン」に対するアンケートを行う
カドカワ株式会社は、2016年12月15日(太平洋標準時)に配信スタートとなる、任天堂初のスマホゲームである「スーパーマリオ ラン」のプレイ意向調査を実施した。
スーパーマリオラン
調査を行ったのは、KADOKAWAより発行されているゲーム総合情報メディアである「ファミ通」が行った。対象は全国47都道府県在住の男女5歳から59歳のスマホユーザー(iPhoneやAndroidなどのスマートフォン保有、もしくは使用しているユーザー)の8567人を対象とした。

スマホゲームプレイヤーからの期待も高い
結果だが、スマホユーザーの21.1%が『スーパーマリオ ラン』のプレイを希望するという調査になり、この中から43.6%が課金をしてゲームを遊びたい、という結果となった。これは通常ゲームアプリの平均課金率の8.5%に対してかなり高い数値である。

なお先頃配信された、任天堂に関連のあるゲーム『ポケモンGO』(発売はNiantec.Incより)の利用実態調査と比較してみると、配信直後の調査(2016年7月25日から7月26日に調査を実施)にプレイしている、もしくは今後プレイしたいと回答をした人の割合は25.8%であり、この比較からも「スーパーマリオ ラン」の期待の高さを示している。

くわえて年代別の結果を表すと、最もプレイ意向が高かったのは20代の23.4%、続いて30代の22.1%、そして10代の21.7%と続いていく。

この結果から、「スーパーマリオブラザーズ」の発売は1985年ではあるが、シリーズがコンスタントに新作を出しつつけていたため、マリオファンの層が厚いことも示す。

それにくわえ「スーパーマリオ ラン」のヒット如何でスマホゲーム市場におけるビジネスモデルの構造が変わる可能性もあるため、今後の動向が注目される。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

カドカワ株式会社 プレスリリース
http://info.kadokawadwango.co.jp/news_release/2016/1209/
Amazon.co.jp : スーパーマリオラン に関連する商品



  • 「春節」が日本経済に与える影響は? 訪日予定の中国人のデータより予想(1月31日)
  • コミュニケーションロボット「ここくま」にフュートレックの音声技術が採用(1月30日)
  • ラクーンの「Paid」がGMO-PGに導入決定 事前申込が開始される(1月30日)
  • 「みらい」への可能性を秘めた「みらい翻訳」が登場!(1月29日)
  • フュートレックが多言語自動ガイドシステムの「U・feel」シリーズを拡充!(1月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->