スマートITマガジン
2019年05月24日(金)
 スマートITマガジン

北陸先端科学技術大学院大学、スマホに「つぶやく」だけで看護・介護の記録などができるシステムを開発

タブレット/スマホ
アプリ
特集/コラム
活用事例
スマートIT新着30件






























北陸先端科学技術大学院大学、スマホに「つぶやく」だけで看護・介護の記録などができるシステムを開発

このエントリーをはてなブックマークに追加




ケアスタッフの負担を軽減
北陸先端科学技術大学院大学は10月31日、同知識科学研究科の内平教授らが、スマホに「つぶやく」だけで看護・介護の記録などができるシステムを開発したと発表した。

このシステムは、看護・介護職が、ケアの現場でスマートフォンに「つぶやく」ことで看護・介護の記録や他職員へのメッセージを配信し、つぶやいた音声と位置情報のログを解析・評価することができる。

高齢化が進む中、医療・介護の現場における間接業務の効率化が急務である。

医療・介護職はケア中に紙片や手の甲にメモをとる、あるいは記憶し、ケアの終了後に看護・介護記録を作成している現状では、記録の情報量が限られ、転記に手間がかかるなど、ケアスタッフの負担が大きかった。

記録の質と効率向上に対する強いニーズを受け、看護・介護記録などの間接業務のITによる質と効率の向上に向け、同研究科はこのプロジェクトを進めてきた。

つぶやき
ケアの品質向上
同システムは、スマートフォンに「つぶやく」だけで、ケア中の観察内容・気付きを記録・配信し、情報共有を可能とする。

音声つぶやきと位置情報のログを解析・評価することにより、看護・介護職の動線を可視化して現状把握し、業務の課題を発見することもできる。

既に介護施設における試行評価を行い、介護記録の向上、ケアの品質向上に寄与することを実際の効果として確認している。


外部リンク

北陸先端科学技術大学院大学│プレスリリース
http://www.jaist.ac.jp/news/
Amazon.co.jp : つぶやき に関連する商品



  • 「春節」が日本経済に与える影響は? 訪日予定の中国人のデータより予想(1月31日)
  • コミュニケーションロボット「ここくま」にフュートレックの音声技術が採用(1月30日)
  • ラクーンの「Paid」がGMO-PGに導入決定 事前申込が開始される(1月30日)
  • 「みらい」への可能性を秘めた「みらい翻訳」が登場!(1月29日)
  • フュートレックが多言語自動ガイドシステムの「U・feel」シリーズを拡充!(1月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->