スマートITマガジン
2021年04月21日(水)
 スマートITマガジン

やはり1位はGoogle! アウンコンサルティングが検索エンジンの使用順位を調査

タブレット/スマホ
アプリ
特集/コラム
活用事例
スマートIT新着30件






























やはり1位はGoogle! アウンコンサルティングが検索エンジンの使用順位を調査

このエントリーをはてなブックマークに追加




世界40カ国のPC・モバイルにおける検索エンジンを調査
グローバルマーケティングにおけるコンサルティングサービスを提供しているアウンコンサルティング株式会社は、世界40カ国のPC・モバイルにおける主要検索エンジンシェアを調査した。
Google
その結果、40カ国中35カ国にてGoogleのモバイルシェアが90%を占める結果がみちびきだされた。PCにおいても2015年11月以降も、台湾でのGoogle検索エンジンシェアが上昇し80%を維持して安定したこともある。

(なお、検索エンジンとは検索クエリを提携する会社およびブランドを指すため、日本で最も人気のあるポータルサイトの「Yahoo! JAPAN」だが、そのエンジンは「Google」であるため扱いはGoogleとなる。同様の理由で、「Yahoo! 台湾」および「Yahoo! 香港」はBingとなる)

Googleはモバイル検索での機能向上を行った
くわえてGoogleはモバイルにあわせた機能向上を行った。

スマートフォンに慣れたユーザーは、PCでも同様の目線で画面を見る機会が多くなったため、右側の広告枠のクリック率が低下してきたこともあり、広告枠の削除が行われた。

2016年10月19日時点ではYahoo! JAPANにおいても右側の広告表示枠が削除されている。

なお今回検索エンジンシェア情報を取得した40カ国中、前回同様Googleは35カ国でモバイルシェア90%以上の1位、36カ国では2位がBingとなっている。1位と2位の間はかなり開きがあるため、直近ではこの勢力図が変化することはないと思われる。

これらの結果から、Googleは名実ともに、俗にいわれているような『検索の巨人』となったといえる。

(画像はプレスリリースより)


外部リンク

アウンコンサルティング株式会社 プレスリリース
https://www.auncon.co.jp/corporate/2016/1109.pdf
Amazon.co.jp : Google に関連する商品



  • 「春節」が日本経済に与える影響は? 訪日予定の中国人のデータより予想(1月31日)
  • コミュニケーションロボット「ここくま」にフュートレックの音声技術が採用(1月30日)
  • ラクーンの「Paid」がGMO-PGに導入決定 事前申込が開始される(1月30日)
  • 「みらい」への可能性を秘めた「みらい翻訳」が登場!(1月29日)
  • フュートレックが多言語自動ガイドシステムの「U・feel」シリーズを拡充!(1月26日)
  • Yahoo!ブックマーク  Googleブックマーク  はてなブックマーク  POOKMARKに登録  livedoorClip  del.icio.us  newsing  FC2  Technorati  ニフティクリップ  iza  Choix  Flog  Buzzurl  Twitter  GoogleBuzz
    -->